毎朝実感できる!腸内環境を整えるレシピ

毎朝実感できる!腸内環境を整えるレシピ

乳酸菌で腸内環境を整えて花粉クンに勝利しよう!

近年、花粉症に悩まされる人が増えているというのはよく聞く話ですね。
春先などになるとニュースやらで花粉症のシーズンだ!とか、明日の花粉飛来予想は?とか、今年はこれだけ飛ぶでしょうとか、そんな内容の報道を多く目にします。
私自身は花粉症ではないので、ありがたいことにその辛さを体験するということはありませんが、周りにはたくさんいたりするのでそんな人を目の当たりにすると、やはり辛そうだなという印象を受けますね。
ところで、なぜ花粉症になるかというそもそもの疑問が私にはありました。

 

なんでも、花粉症はアレルギーの一種だそうです。植物の花粉が鼻、目などの粘膜に接触することで花粉症に代表されるくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの症状がでるそう。

 

テレビの天気予報なんでよく聞く、「今年は去年の倍とびます!」なんて言葉、きっと花粉症の人はそれを聞くだけで気分がブルーになってしまうのでは?

でもどうやらそういう簡単なものではないみたいなんです。
なんでも、花粉症の症状は花粉の飛散量には相関しないのだそうですよ
聞きました、花粉症のみなさん!

 

まぁたしかに、たくさんの花粉と仲良しになっちゃうと症状もそれだけ重くなってしまうみたいですけど…
それならなんとなーく、理解できますよね?
でも、問題は少ない量だからと言って油断していると、毎日の蓄積があるので結局は症状が重くなってしまうこともあるらしいのです!
なんと恐ろしい!
また一旦最重症化してしまうと多少の花粉ではさほど症状に変化がなくなるらしいのですが、シーズンが終わっても中々症状が改善しなくなってしまうのだとか。
これはこれで問題です!!

 

はたまた、喘息の発作を起こす原因になったり、まれにアナフィラキシーショックを起こしてしまうことも!
たかが花粉だと思っていると恐ろしいですね、ただの黄色い粉末というわけではなさそうです。
でーすーが!みなさま、ご安心を!
最近耳にしませんか?

 

乳酸菌によって腸内環境を整えることが花粉症に良いのだと。

なんでも、乳酸菌が腸内で働くことによって免疫力が高まり花粉症の症状を緩和してくれるそうなんです!
花粉症を和らげるには免疫機能が重要だそうで、免疫機能を正常に保ち腸内環境を整え、体質改善をするのが一番なのだとか。
乳酸菌って、そんなにすごい子だったのね!スバラシイ!

 

あ、でも、乳酸菌が花粉たちと戦ってくれるっていうわけではないのでご注意を。
あくまで、乳酸菌やビフィズス菌といった子たちが細胞の働きを強めてくれるので、花粉症の症状が和らいだりするのだそう。
免疫細胞というのは、全身に広がっていますが大半は腸内にあるそうでその割合はなんと7〜8割!
驚きの数字です。

 

アレルギーは免疫異常で起きるということからわかるようにやはり免疫が重要!
つまり免疫をたくさん作り出す腸内が健康でないと免疫が働かなくなってしまうので、腸内環境を整備してあげることが花粉症の改善の近道なのだそうです。

腸内環境は健康に大きな影響力を与えています。
腸内環境を整えることで、さまざまな病気のリスクを抑える効果があると言われています。

 

女性は特に便秘症の人が多く、さらに肌荒れで悩んでいる人も多いかもしれません。
腸内環境を整えることで、便秘を解消して、肌荒れを防ぐ効果が期待できます。
そのためにも、なるべく腸内環境を良くしていく生活習慣を行っていきましょう

 

【食事で腸内環境を整える】

 

腸内環境を整えていくために効果的なものはやはり乳酸菌です。
乳酸菌は腸の中の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らしてくれる効果があります。

 

悪玉菌が増えると、腸の調子は悪くなってしまいます。
できるだけ、善玉菌を増やしていくためにも、乳酸菌を積極的に摂っていきたい物です

 

乳酸菌には動物性乳酸菌と、植物性乳酸菌があります。
最近注目されているのは、植物性乳酸菌です。

 

熱や酸に弱い乳酸菌では、せっかく摂り込んでも、腸に届く前に死んでしまい、その効果を発揮することができません。

 

植物性乳酸菌は非常に生命力が強いのが特徴です。
そのため、植物性乳酸菌を摂り込んでも、しっかりと腸まで届きます。

 

植物性乳酸菌を摂取するには、野菜や豆などの発酵食品が有効です。
日本人は昔から、お米や豆類、野菜などの食生活を送ってきました
醤油や味噌、納豆や漬物などは、植物性乳酸菌が多く含まれています。

 

近年、和食が世界的にも認められてきました。
健康にも非常に良い和食を見直して、毎日の食生活にも上手に摂り入れていきたいものです

 

【適度な運動で腸内環境を整える】

 

適度にお腹を動かす運動を行うと、腸への刺激となり、腸内環境を改善する効果が期待できます。
特に足を動かすウォーキングやサイクリング、ジョギング、スイミングなどの有酸素運動は効果があります

 

他にも楽しみながらできるさまざまなダンスやエクササイズなども、腸を程よく刺激してくれますので、効果が期待できるでしょう。
運動は無理なく楽しく、長く続けられるのが一番です。

 

適度な運動と乳酸菌を取り入れた食事で、腸内環境が整った健康的な毎日を送るようにしたいものですね。

続きを読む≫ 2015/06/29 00:48:29

ホーム RSS購読 サイトマップ